危険物取扱者を通信講座で資格取得する方法

危険物取扱者の基礎知識
危険物取扱者試験について
資格を取得する方法
甲種危険物取扱者試験 オススメ教材
乙種4類危険物取扱者試験 オススメ教材 
通信講座で資格取得を目指す
サブメニュー
お勧めリンク
■受験資格

危険物取扱者試験のうち、「乙」種と「丙」種は、誰でも受験できますが、「甲」種に関しては、受験資格が必要になります。

たとえば、大学や短期大学、または高等専門学校にて、化学に関する学科や課程を修了し、卒業した者、もしくはそれと同等の学力を有した者である必要があります。
または、同じく大学などで、15単位以上、化学に関する科目を修了した者にも資格が与えられます。
危険物取扱者の「乙」種の免許を有するもので、2年以上の危険物取扱いの実務経験がある者にも受験資格が与えられます。
さらには、高校の工業科の教員免許を取得している人も受験資格があります。

危険物取扱者資格の「甲」種は、全種類の危険物を取扱えます。
そのため、簡単に取得することはできません。
受験資格を取得した後、高度な知識を修得し、危険物取扱者試験に合格すれば、晴れて、危険物取扱者の資格を取得できます。

Copyrightc 2008 kiken-toriatukai.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。