危険物取扱者を通信講座で資格取得する方法

危険物取扱者の基礎知識
危険物取扱者試験について
資格を取得する方法
甲種危険物取扱者試験 オススメ教材
乙種4類危険物取扱者試験 オススメ教材 
通信講座で資格取得を目指す
サブメニュー
お勧めリンク
■複数種類の受験

危険物取扱者試験は、複数種類を一緒に受験できます。
たとえば、「甲」種や「乙」種、「丙」種を一緒に受けたり、第1類から第6類のうち、いくつかの区分を一緒に受けたり、などです。
複数種類を一緒に受ける場合、午前と午後に分かれて受けたりもできます。

危険物取扱者試験の複数種類の受験には、いくつかのパターンが考えられます。
「乙」種の試験を受けるとき、第1類から第6類まであるわけですから、類によっては、まだ受けていないことだってありえます。
すでに自分が持っている類の試験以外のものを、自分が持っている類の試験がある時間に受けるなどもできます。

また、「乙」種の免許を持っている人は、同じ時間帯に3種類までの「乙」種の複数試験を受けられます。
持っていない場合は、2種類の「乙」種の試験を受けられます。
その際、願書は試験の数だけ提出します。

Copyrightc 2008 kiken-toriatukai.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。