危険物取扱者を通信講座で資格取得する方法

危険物取扱者の基礎知識
危険物取扱者試験について
資格を取得する方法
甲種危険物取扱者試験 オススメ教材
乙種4類危険物取扱者試験 オススメ教材 
通信講座で資格取得を目指す
サブメニュー
お勧めリンク
■試験科目と合格基準

危険物取扱者試験について、合格基準というのがあります。
各教科ともに、100点が満点です。
そのうち、最低60点を取らないと、合格ラインではありません。
危険物取扱者試験のうち、全ての科目で60点以上を取る必要があります。
もし、1科目でも60点を切ってしまった場合、不合格となってしまうのです。

危険物取扱者の試験科目としては、「危険物に関する法令」と「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」が、「甲」「乙」「丙」種全てに共通です。
また、それぞれ、「甲」種は、「物理学及び化学」、「乙」種は「基礎的な物理学及び基礎的な化学」、「丙」種は「燃焼及び消火に関する基礎知識」が、試験科目としてあります。

どの科目も、それぞれ実務をするときに必要な知識についてのものばかりです。
最低60点は取らなくてはいけないというのも、うなずけます。

Copyrightc 2008 kiken-toriatukai.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。