危険物取扱者を通信講座で資格取得する方法

危険物取扱者の基礎知識
危険物取扱者試験について
資格を取得する方法
甲種危険物取扱者試験 オススメ教材
乙種4類危険物取扱者試験 オススメ教材 
通信講座で資格取得を目指す
サブメニュー
お勧めリンク
■危険物取扱者とは

第6類にまで分類される危険物ですが、どれも取り扱いに危険を伴うため、専門家によって取り扱われることが必要になります。
そのため、危険物取扱者という資格保持者によって取り扱われなければいけません。

危険物取扱者は、このような危険物の性質を熟知していて、消化方法や取り扱いについての専門知識をもつ有資格者のことです。

各都道府県で実施されている試験には、「甲」「乙」「丙」の3種類に分類されています。
またこのうち、乙種は、第1〜6類に分かれます。
試験に合格して初めて、危険物取扱者になることができます。

ガソリンスタンドや化学工場など、危険物取扱者が常駐することを義務付けられている場所があります。
そのような場所で管理責任者として業務についています。
専門性の高い資格だといえますね。

Copyrightc 2008 kiken-toriatukai.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。