危険物取扱者を通信講座で資格取得する方法

危険物取扱者の基礎知識
危険物取扱者試験について
資格を取得する方法
甲種危険物取扱者試験 オススメ教材
乙種4類危険物取扱者試験 オススメ教材 
通信講座で資格取得を目指す
サブメニュー
お勧めリンク
■危険物取扱者が必要な施設

危険物取扱者は、どのような施設に必要とされているのでしょう。
もちろん、危険物のあるところに違いないのですが、具体的にどのようなところなのでしょうか。

危険物取扱者が必要な施設について、消防法の条文に詳しくのせられていますが、具体的には、身近なところで、ガソリンスタンド、タンクローリー、石油貯蔵タンク、危険物を取り扱う化学工場などです。
いずれも、危険と隣り合わせの職業ばかりで、専門の知識を熟知した専門家が必要なものばかりです。
そこで、危険物取扱者は、取り扱いや点検、保安に関する監督をすることになります。
「甲」か「乙」の資格を持つ危険物取扱者が立ち会うことで、資格を持っていない人も取り扱いや点検作業ができます。
「丙」に関しては、ガソリンや灯油など特定危険物のみ取り扱いできるということです。

Copyrightc 2008 kiken-toriatukai.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。