危険物取扱者を通信講座で資格取得する方法

危険物取扱者の基礎知識
危険物取扱者試験について
資格を取得する方法
甲種危険物取扱者試験 オススメ教材
乙種4類危険物取扱者試験 オススメ教材 
通信講座で資格取得を目指す
サブメニュー
お勧めリンク
■危険物取扱者の仕事

危険物取扱者の仕事とは具体的にどのようなものなのでしょう。

化学工場やガソリンスタンドだけでなく、いたるところに危険物取扱者の常駐を必要とする場所と仕事があります。
たとえば、化学工場でなくても、製造工場などでも、発電機を稼動させるための燃料を貯えています。
しかも工場を稼動させるだけの燃料なのですから、かなりの量になります。
それらの燃料である重油や軽油は、もちろん危険物です。
大量の危険物を取り扱うために、危険物取扱者が管理責任者となることが法令で定められているのです。
もちろん、ガソリンスタンド、タンクローリー、石油貯蔵タンク、危険物を取り扱う化学工場などには、当然のごとく常駐が義務付けられています。

このように見ていくと、いろいろな場所に危険物取扱者の仕事はあるようですね。

Copyrightc 2008 kiken-toriatukai.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。